売れるムラサキは地域によって違う!?

先日に引き続き、クラブハウス内で聞いて気になった色話についての考察をブログにします。

東京の紫と京都の紫は違う

作業しながら聞いていたので、ちょっとお話がうる覚えになってしまったのですが…

確か、着物か染め物の関係の方のお話でこんなことをおっしゃっておられました。

「東京と京都では紫の色が違うんです。京都の方はどちらかというと鮮やかな赤紫。東京の方は紺に近い紫が売れる。」

のだとか。

これまた興味深いお話聞いた〜と、私なりの考察を書かせていただきます。

地域によって色の好みが変わる理由

好きな色には地域性が出ると言われています。

例えば、沖縄の方で好まれるのは、南国がイメージされる彩度の高いカラー。

ところが、北海道の方に行くと、ダークグレーやネイビーなどが好まれる傾向にある。

これは、緯度の違いによって届く太陽の光に差が出るからだ。

緯度で変わる!届く光の色

太陽の光の中には、赤や青など様々な光の波長が含まれている。

赤などの暖色系の光は波長が長く、青などの寒色系は波長が短い。

この暖色と寒色の光は、それぞれ届きやすい距離が変わってくる。

緯度の低い沖縄では、太陽に近い分、障害物に当たらないので暖色が多く届く。

緯度が高い北海道では、長く空気中を通る分、空気中に反射して青色の多い太陽光が届くことになる。

太陽の光が輝く、赤っぽい光が多い地域の人は、他の地域に比べて赤色の微妙な違いを見分けられるように。

雨や曇りが多い地域では青の微妙な違いを見分ける力がつく。

それぞれの地域に住む人は、その地域に降り注ぐ光の色に順応しその光の色を敏感に感じ取れるようになるのだ。

地域別の好まれる色

前述したように、それぞれの地域で降り注ぐ太陽光の色が違うわけだが、人は、慣れ親しんだ色が自分の一番好みの色になる傾向がある。

北海道から沖縄まで緯度の違いで、好まれる色が紺から赤へとグラデーションで変わってくる。

南の方が暖色寄り、北の方が寒色寄りなものを好む傾向がある。

関東で好まれる色

関東エリアで好まれる色は、涼しい・淡い・濃い色。

緑色の識別能力が高いと言われていて、国技館や武道館、公共施設の屋根に緑が多いのが象徴的。

暖色が衝突するような広告を下品に感じると言われている。

近畿で好まれる色

近畿エリアで好まれる色は、暖かい・明るい・澄んだ色。

オレンジ〜赤の識別能力が高く、北側の方に比べると暖色を好む。

阪急電車の車体の色は関西好みの典型と言われる。

江戸の「粋」と京都の「雅」

地域によって届く太陽光の違いから、京都の方が暖色よりの紫を好むのではないかと私は推測した。さらには地域の文化も関係しているのではんないかと考えたのでこれについても少し。

参考になった西と東のおしゃれ感の違いについて書かれていた記事を引用する。

「柄については、上方の女性はきれいな色を好んで着けた。それに比べて江戸の女性は渋めの柄を好んだ。『赤ぬける』と言って、赤い色など身につけなくても、色気が出るようにしていた。『垢(あか)ぬける』は、もとは体を磨き込んで垢のない体にするという意味だが、『赤なしで勝負する』という意味もある。江戸っ子には、『赤は身につけないぞ』という意地があった。」

http://www.mutsukari.com/fashion.html

上方とは京都や大阪の方を呼ぶらしい。

今の言葉?でいうと?

西ゴージャス、東モード?

はたまた

西デコラティブ、東ミニマム?

西は盛る、東はヌケ感?

多分そんな感じの文化の違いで、同じ紫でも好まれる紫が変わったのではないかと推測しました。

地域で好まれる色を知りたい時にすると良いこと!

以上のような要因で、同じ紫でも関西と関東で好まれる紫が違う!っと推測しました。同じ日本でもこんなに繊細に違いを捉えようとする日本人ってとても面白くて愛おしいなと感じました。

そして、こんな興味深い話を聞ける場ができて、とても良い時代になったなと感じる今日この頃です。

最後にご紹介したいのが、地域で好まれる色を知りたい時にすると良いこと。

これは、クラブハウスの色Roomをやりたい!と先陣をきったリカさんが教えてくれたことなのですが。(りかさんはインテリアの方)

ある土地のリラクゼーションサロンの内装を頼まれたそうです。

その時に、「リラックスといえば、緑」とクライアントがおっしゃられたそうなのですが、リカさんはサロンを出す近くの百貨店にどんな色が売れているか聞きにいったそうなんです。

その地は宝塚のある地で、そこでは「ピンク」が一番売れていたのだそうです。

色の心理とかって「一般的には〜と言われている」で当てはめて話すことは多いですが、現場の声、利用者さんの声を聞くことってすごく大事だな〜って改めて感じました。

「リアルな声、もっと聞いていきたい。」

そう感じたので、しゃべりたいこととか相談したいこととかあったら、SNSでもフォームからでもぜひご一報ください。

また来週金曜日お昼の12時からクラブハウス内で色の話やる予定でいるので、また興味深いお話があったらご紹介したいと思います。

アメリカ人と日本人が好む食べ物の色は違う!?

カリフォルニアロール「のり」が内側の理由

今日のお昼に、クラブハウスで色について話すRoomを開きました。

その中で、アメリカでシェフをしている方に教えて頂いたお話で、アメリカでは食事に黒を使うのは敬遠されているというお話を伺いました。

例えばカリフォルニアロール。アメリカでは黒のお料理はあまり好まれないから、のりを内側に巻いているんだよ〜。と。

なるほどな〜。とても興味深いな〜と思い少し考察を残すことにしました。

アメリカ人が持つ黒のイメージ

下記の記事によると、

アメリカ人が持つ黒のイメージは「高級」なイメージと共に「死、不吉、失望」といったマイナスイメージを持っています。

https://www.archetyp.jp/blog/color-of-world/

とのこと。

生きることに直結する食事の中に、「死」をイメージしてしまっては、食欲をそそるはずがない。

日本人と同じように、高級感という黒に対するイメージは持っているようだ。

アメリカ人にとっての黒い食材

アメリカは一度しか行ったことがありませんが、その旅行中で黒い食材が出てきたかと言われれば…ちょっと思いつきません。

黒いオリーブやプルーン、ブルーベリーあたりなのでしょうか?

日本食で登場する「のり」のように、黒ベタの食材は確かにイメージにないですよね。

アメリカ人といえば、肉食というイメージがあります。

欧米人にとってはやはり、赤い血が滴るような豪快なステーキが食欲をそそる傾向にあると推測されます。

そのほかにもピザやケチャップ、パプリカなどとにかく赤い料理は多かったような印象がありました。

アメリカには海がない内陸地域が広大に広がっています。「のり」をはじめとした海藻類などの黒い食材は食べる機会が少なかったのだと考えられます。

そして、狩猟民族として過ごしてきたアメリカ人にとって、赤い肉は鮮度の良い証、逆に黒ずんだお肉は鮮度が落ちた証拠と考えられてきたのではないでしょうか。

日本人にとっての黒い食材

欧米では、赤、黄色、緑は食欲をそそる色と考えられていますが、日本人にとっての食欲をそそる色は、赤、黄、緑そして「白」と「黒」は欠かせません。

日本の中で黒い食材と言えば、のり、ひじき、昆布、黒ゴマ、しいたけ、小豆など、滋養が高く栄養がある食べ物と認識されています。食卓の上にも日常的に登場する色です。

島国日本では、海に面している地域も広く、魚や海藻を食べる機会は多かったのでしょう。

「のり」の栄養を吸収できるのは日本人だけ!?

フランスの研究チームの報告によると、日本人から、海藻に含まれる多糖類を分解できる腸内細菌が見つかったが、アメリカの人からは見つからなかったとのこと。

4/8のNature誌にフランスの研究グループが発表したそうです。海藻の糖類を人間は普通は消化できませんが(だから,海藻はノンカロリーなどといわれるわけですが),海にすむバクテリアの中には,海藻の糖類を分解できるものがあります。分解酵素を持っているんですね。

 で,日本人とアメリカ人の腸内細菌を調べたところ,日本人由来の腸内細菌からはこのバクテリアの分解酵素と同じ遺伝子配列が見つかったそうです。

https://www.nikkei-science.com/?p=14210

日本人は、黒の栄養価を腸レベルで知っている!

日本人はこれまで、海の恵をいただくという伝統的な食生活の中で、海藻(黒)を食べることが健康に繋がるということを、腸レベルで体得しているので、黒い食べ物で食欲が湧く。

ところが欧米人にとっては黒い食材(海藻)が持つ栄養価に馴染みがない。さらには腸レベルでは、栄養になりません〜。と判断されているから食欲が湧く色として認識されてないのかもしれない。

ヨーロッパでは黒フードが注目されてる?!

とはいえヨーロッパでは、黒=栄養価が高い!という事で、黒フードがトレンド!という記事も発見。

https://hue-hue.com/media/stockfood01/

日本の食文化である海藻を取り入れた料理に注目が集まりつつあるとか。

この認識がアメリカにも広がっていけば、アメリカで黒フードブームが到来する日もそう遠くはないかも?しれない…!!

P1170966

新潟駅前グルメ!濃厚とろ〜り親子丼!

新潟で広告のデザインを行なっている、MAGOのシマツです。おいしいご飯…大好物です!!チラシ制作やロゴデザインで飲食店の方とお取り引きがあるととても嬉しいです!!「どんな気持ちで作ってるのかな〜」「どんなところにこだわりを持って作っているのかな〜」など。お客さんとしてお店に訪れたときには、聞きづらいこともズバズバ聞けるってすごい幸せな仕事です。何より、そうゆう作り手の思いを聞けるって、2倍も10倍も料理を美味しくさせてくれますよね!!そうゆう表に出にくい作り手の思いを伝えるのが私の仕事なんだな〜と教えてくれて、後押しをしてくれた新潟市にある「和らぎ亭しまや」さん。今日は、しまやさんの私が大好きなメニューを紹介します!

【NEW】親子丼専門店 親子亭しまや

しまやさんのオーナーしまさんは若い頃から割烹で腕を磨き、今ではTVの料理コーナー出演も数多い料理人です。私はしまさんの作る料理が大好きです!味もそうですが、やっぱり女子としては盛り付けや器が綺麗だととても心が踊ります♪色鮮やかな器に見栄え良く盛り付けしてあると料理は何倍も美味しく感じられますよね。そしてそううゆう気遣いは本当に嬉しい!!

しまやさんの数あるおいしい料理。その中でも1番人気を誇るのが親子丼です!!大人気メニューの親子丼を看板メニューに、満を持してオープンした2号店が新潟県新潟市中央区東大通にオープンしています!!「親子亭しまや」親子丼の専門店です!!新潟に親子丼の専門店って珍しいですよね!!1号店の和らぎ亭しまやさんではチラシ制作やリーフレット制作などでお世話になっていましたが、新潟市中央区東大通2-11-12にオープンした「親子亭しまや」ではお店の顔となるロゴデザインを担当させていただきました!!

しまさんの作る“濃厚とろ〜りな親子丼”が再現できるように丸みを持たせ、料理の繊細さを表現するために筆のラフさを残しました。このロゴを使っているお店の外観がこちらです▽▽▽

こうやって看板として使ってもらえているのを見ると、本当に嬉しくて感無量です!!ありがとうございます!!

「外観はわかったから、そのうんまい親子丼を見せてくれ!!」って感じですか?
OK!OK!それではご覧ください!!キミがとろ〜り濃厚親子丼!!をドーーーーーン!!

新潟の皆さん、伝わっていますカーーーー?????
(ちょっと興奮しすぎてサバンナみたいになっててすみません)
これが新潟が誇る、黄身、とろ〜り親子丼です!!
この濃厚な味を引き立てる「かえし」?と言うんでしょうか?「だし」???
ワタクシ過去にチラ見したのですが、みりんが見るからに濃厚なみりんで…これと同じみりんを使用する魚の煮つけも本当に甘みとてりがたまらなく黄金色でおいしいんです〜。
いや、思い出しただけでよだれが溢れてきます。

みりんも決め手ではあると思うのですが、私が親子亭しまやさんが好きな理由は黒七味なんです。黒七味の香ばしいのに華やかな香りを醸し出す山椒の香りと濃厚親子丼の合わせ技はなかなかお目にかかれません。私はこの“黒七味”が大好物。さらに大好物なとろとろ卵とプリップリ鶏肉の親子丼にかけてたべれるなんて贅の極みですw

ちょっと興奮しすぎたので、落ち着きましょう。
その黒七味がこちら▽▽▽各席に置いてあって自由にかけて食べられます!

この黒七味を使ったメニューでもう一つ大好物な料理があります。それが駅南の和らぎ亭の方でいただけるフグの炭火焼きです。フグって鍋やお刺身や唐揚げで食べることが多いと思いますが、私の一押しは炭火焼きです!!

(写真エビの右)
淡白でありながら、プリッとした弾力。そこにスパイシーで華やかな香りを纏ったおフグさん。一年間頑張った自分を褒めてあげたいときに食べたい代物です。他のお魚でもやってくれないかな…今度しまさんに相談してみよう!!

和らぎさんの方も親子亭の方もどちらも目が離せないしまやさん。さらなるおいし〜い料理に乞うご期待です!!

新潟県内オリジナル刺繍屋さんまとめ

先日ロゴ制作の依頼を頂いたクライアント様のご要望で、オリジナルの作業着やキャップを制作をしたいという要望がありました。
新潟県内でオリジナルのデータを刺繍してくれる刺繍屋さんを探したのでまとめました。

 

1.新潟ユニフォーム専門店 ことりや

https://www.kotoriya.co.jp/items/print-embroidery/

事務服・作業服・白衣など、ユニフォームに関することはなんでも新潟市のことりやにおまかせください。
新潟市内はもちろん、新潟県内、新潟県外(全国)からのお問合せをお待ちしております

新潟県人ならお馴染みのCM「こっとっりや♪ピッコピッコピ♪」のことりやさん。ことりやさんでは事務服・作業服・白衣など、ユニフォームなどを扱っています。建築現場の作業着だけでなく、飲食店、エステ、医療系、事務服、イベント、お祭り衣装などなど…多くの制服やユニフォームを扱っています。ことりやさんの品揃えなら好きなユニフォームが見つかりそうなので、商品の発注と刺繍を合わせてお願いできますね!

 

2.おだネーム店

https://oda-name.com/

おだネーム店は、刺繍やプリント技術でオリジナルアイテムを作成しているお店です。新潟県新発田市でお店を構えて30年。信頼と実績で地域の方はもとより全国からのお客様にご愛顧いただいております。感謝。

私が子供の頃から新発田の商店街の中にあって店頭のオリジナルワッペンがひときわ目立てっていました。創業30年ということは私とタメですね(p゚∀゚q)子供の当時から気にはなっていたのですが、残念ながら利用するチャンスがありませんでした…が、ついに利用するチャンスが到来?!半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、ポロシャツ、ワイシャツ、トレーナー、パーカー、ブルゾン・ジャンパー、ハッピ、パンツ、エプロン、帽子、バック、ハチマキ、タオル、バンダナ、リストバンドなど数多くのベースアイテムが揃えてあります。

3.新潟刺繍

http://niigatashisyuu.co.jp/

刺繍糸は最上級クラスのレーヨン刺繍糸・ポリエステル・絹糸を使用しております。
刺繍糸は800色以上に対応しております。

刺繍糸が800色以上もあるってすごいですね〜!見るだけでも楽しそうです。新潟刺繍では着物の刺繍なども行っているそうす。オリジナルの生地を作ったりもしてもらえそうです。

4.プリントショップマジック

http://printmagic.jp/

マジックは工場直営のプリントショップです。確かな技術で1枚から再販売用の大量生産までお作りいたします。

東京、大阪、岡山、新潟と全国展開しているお店です。新潟のショップは新潟市役所近く、白山にあるそうです。刺繍だけでなく各種プリントもやっている頼りになりそうなお店です!!